タグ「スミス」が付けられているもの

熱きもの

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/27 18:47:09
アントワーヌ・スミスは戦場の準備にその日を費やしていた。彼はファーロウをみくびってはいなかった。あらゆる状況が彼の追悼を不可避と指し示したときも、その男は生き残ってきた。彼には能力があるのだ、おそらくそれはエーテルの力であり、彼の欲する場所のための、彼の欲するときのための力である。そして彼は銃を撃つことに何ら良心の呵責を持ち合わせてはいなかった。

アントワーヌ・スミスに関する所見

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2015/01/16 02:33
私はアントワーヌ・スミスと会ったことがないし、今後会いたいとも思わない。彼は非常に不愉快な性格のように思えるのだ。855もそうだが、より悪意ある目的を持っているように思える。彼のことで覚えていることと言えば、彼ともうひとりの男、名はクロウであったかチェンであったか改めて確認する必要があるのだが、彼らがトーマス・グレアニアスの主催する反架空のアライメント・イングレス上においてハンク・ジョンソンおよびコンラッド・イェーツと対決したときのことだ。チェンはメキシコシティーにおいて死亡した。私は当時の写真を確認できていないが、スミスは無傷で脱したようである。いかなる経緯で何故に?我々は彼が膨大なダーク・エキゾチックマターに曝露したことを把握している。そしてハンクが幻影に過ぎないことを知っているが、それで彼は逃げ延びたのだろうか。どうしてスミスは生き残れたのか?おそらく彼は病に冒されており、なんらかの理由でデヴラを必要としているのだ。最初の場所でヒューロン・トランスグローバル社がデヴラを呼び寄せた背後に彼がいたとしても、私は何ら驚かないだろう。ダーク・エキゾチックマター問題は極めて深刻であるが、私はファンに会ったことがない。これらは私の憶測に過ぎず、何かが足し合わされていない、何かが足りないのだ。

デヴラの処遇に関する対立について

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2015/01/15 10:07
デヴラに関して新たな情報があったようだ。私に非常に大きな誤解がなければ、ファーロウとスミスに深刻な対立が生じたようである。そうでなければ、当然彼女は既に死亡し、我々の知るところとなっているはずである。そういったことを考えるのも不愉快だが、ファーロウとスミスの対決に関する見解には興味をかき立てられた。ナイアンティック計画イングレスアカウントが正確なものであるならば、855に関しては大変素晴らしいものだった。ある意味で、エキゾチックマターとカオティックマターとの対決である。

スミスとニィの会話「延期」

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/12/17 17:42
ヒューロン・トランスグローバル社の社内報により、同社の最高経営責任者であるキャサリン・ファンが「健康上の理由」により長期休暇を取得していることが最近明らかとなった。この直後にフェリシア・ハジュラ=リーがデブラ・ボグダノヴィッチの活動を暴露したことは、少なからず動揺を与えるものであった。

嵐の前の静けさ

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/21 04:06:39
さて、これは嵐の前の静けさというものなのか。デブラはユェン・ニィに従うのか、あるいはヒューロン・トランスグローバル社へ従うのか、あるいは...あるいは...どうするというのか?彼女は何処へ行くのだろうか?彼女は何をしようというのか?他方でハンク・ジョンソンは沈黙を保っている。彼を責めるべきではない。動けば多方面から都市部での捜索へと発展することだろう。現地警察とおそらくはインドの諜報機関も関与するに違いない。どうやら私は話し好きではないようだ。

リチャード・ローブの考察

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/17 01:42:32
事態は性急に動いた。ハンク・ジョンソンはプネー近郊で戦火に巻き込まれたのだ。意図の不明確な複数の集団が彼を襲ったのだ。有力な情報である。幻影が死であるならば、彼は死んでいる。疑問点はブレッドクラムによって彼の残留思念はどれほどが活性化しているのかということだ。誰が如何なる目的で追っているのか、彼はわかっているのだろうか。

ハンクこそが鍵である

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/14 01:33:16
リダクトされし者はハンク・ジョンソンの生存を望んでいるようだ。頭の中でハンク・ジョンソンこそが鍵であると鳴り響き続けている。鍵だと?何の鍵だというのだ?そして誰がそれを用いるというのか?どんなに逃げ回ろうとも、彼の周囲には部隊が近づきつつあるようだ。ハンクよ、君がこれを読んでいるのであれば、予測しようのない行動を取ってくれ。そうすれば、未知の脅威から逃げのびることができるだろう。