タグ「デブラ」が付けられているもの

デブラとヤーハンの謎への光明

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2015/02/04 04:16:04
デブラとヤーハンの謎に幾許かの光明を当てよう。初めてヤーハンを目にしたとき、私はどこか見覚えがあるように思えたが、彼女の素性は知らなかった。だが今では、カルフォルニア大学ロサンゼルス校において行われた超次元情報伝達を題材としたサマープログラムにおいてデブラの研究に参加していたのだと考えている。大半の「ダイアルトーン」通信は地球外知的生命体へ向けて行われたものだが、その中にひとりの量子学研究者が関与していたのだ。そこにスタイン・ライトマンは居合わせていたと私は考えている。だが、スタイン・ライトマンがヤーハンを覚えているとは思えず、私の推察は誤りであるのかもしれない。いまだ全ての記憶が再び組み合わされてはいないのだ。

デヴラの処遇に関する対立について

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2015/01/15 10:07
デヴラに関して新たな情報があったようだ。私に非常に大きな誤解がなければ、ファーロウとスミスに深刻な対立が生じたようである。そうでなければ、当然彼女は既に死亡し、我々の知るところとなっているはずである。そういったことを考えるのも不愉快だが、ファーロウとスミスの対決に関する見解には興味をかき立てられた。ナイアンティック計画イングレスアカウントが正確なものであるならば、855に関しては大変素晴らしいものだった。ある意味で、エキゾチックマターとカオティックマターとの対決である。

嵐の前の静けさ

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/21 04:06:39
さて、これは嵐の前の静けさというものなのか。デブラはユェン・ニィに従うのか、あるいはヒューロン・トランスグローバル社へ従うのか、あるいは...あるいは...どうするというのか?彼女は何処へ行くのだろうか?彼女は何をしようというのか?他方でハンク・ジョンソンは沈黙を保っている。彼を責めるべきではない。動けば多方面から都市部での捜索へと発展することだろう。現地警察とおそらくはインドの諜報機関も関与するに違いない。どうやら私は話し好きではないようだ。

リチャード・ローブの考察

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/17 01:42:32
事態は性急に動いた。ハンク・ジョンソンはプネー近郊で戦火に巻き込まれたのだ。意図の不明確な複数の集団が彼を襲ったのだ。有力な情報である。幻影が死であるならば、彼は死んでいる。疑問点はブレッドクラムによって彼の残留思念はどれほどが活性化しているのかということだ。誰が如何なる目的で追っているのか、彼はわかっているのだろうか。

ナイアンティック調査(Ⅱ)

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/11/14 01:29:52
スザンナ・モイヤーが引き続き昨年のナイアンティック調査を振り返った。今週はローランド・ジャービスがエイダの台頭を警告したインテリタス、クルーと人工知能、デブラ・ボルダノヴィッチによる壊滅的なポータルウィルスやヘリオスアーティファクトを発現させるとともに今後はダルサナアノマリーやナジアを中核とした未知の力を備えるビーコンとなっていくヘリオスに焦点が当てられた。

大きな将来的進展

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/10 05:00:13
エドガー・アラン・ライトと私は同一のページで紹介されているようだ。オペレーション・エセックスとは遙か以前から密接な関係となったのだが、まずは次を参照してほしい。「オリシスとセトの神話に取り組むことにしよう。13マグナスをオリシスに擬えれば、アンチマグナスはセトとなる。悠久なる遙か昔に不死と復活の秘儀をどのように扱うかの対立によってアンチマグナスは13マグナスから分たれたのだろう。おそらく13マグナスは慎重であり秘儀を隠し通そうとしたのだろう。他方でアンチマグナスは、あたかもナイアンティック計画や世界に先駆けたエキゾチックマタースキャナーの拡散の如くより広く活用することを望んだのだ。おそらくはそれもまたナジアの起源に関わることなのだろう。」これより先は改めて紹介するとしよう。

デブラに対する辞任勧告

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/11/09 18:55:07
デブラ・ボグダノヴィッチは研究者としての経歴を破滅させた。このような通知を受け取った後となっては彼女が大学との関係を修復する見込みはなさそうだ。学界というものは狭く、密接な繋がりを持つものだ。守秘義務の建前と裏腹に、この情報は非公式な場で瞬く間に拡散していくだろう。