タグ「ハンク」が付けられているもの

妨害者に対する警告

OLWProfile.jpgオリバー・リントン=ウルフ(Oliver Lynton-Wolfe) 
2014/12/13 11:56
私のバルセロナ行きを妨害しようと企てる者たちには、あらゆる企業や情報機関が私の保護に動いていることをご承知おき願おう。我々がナジアの叡智を紐解く可能性を、彼らは理解しているのである。

ハンク・ジョンソンは、しばしば熟考に時間を費やしている。また、デブラが自由の身となったことに恐怖することなどない。彼女はダーク・エキゾチックマターの本質をなんら理解してはいないのだから。

私の知識を活用して何が起こるのか、是非想像してほしい。

対立でなく熟考すること

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2014/12/12 08:26
私は対立でなく熟考することが自身の進歩に不可欠なものであるとわかった。軍務や暴力など前進するためには粗雑な手段である。私は終わらせよう。究極(the Ultimate)を真に探究するときが来たのだ。私が真の啓発に頂くには、過去の殻を捨て去らねばならぬことはわかっている。人生において、私は他者の攻撃を恐れ武器を準備してきたが、もはや私は安全であることを理解したのだ。ヤーハンに任せておけば安全なのである。

図書館の監視映像

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/12/11 16:14
ハンク・ジョンソンがグーグルプラスへ投稿した内容から判断して、ヤーハンとの関係が複雑に進展していることは明白である。ハンクは彼女に惹かれているようだ。ヤーハンは彼にとってもはやミューズの如き存在となってしまったようである。

ナジアを巡る自らの立場

OLWProfile.jpgオリバー・リントン=ウルフ(Oliver Lynton-Wolfe) 
2014/12/11 13:23
ハンク・ジョンソンはナジアを畏れるべき存在であると言及しているが、多くの者たちが私の立場を訊ねている。科学に身を置く者として知識を重んじる立場にあることを明白にすべきあろう。我々には学ばねばならぬことが多い。その知識がシェイパーからもたらされるのか、ナジアからもたらされるのかは関係のないことだ。私はただ、宇宙を理解し、その働きを理解し、ひとつの文明として我々の真の能力は何かを理解したいだけなのだ。

ヤーハンへの信頼

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2014/12/09 16:07
私の奇妙な学術研究につきあってくれることで、ヤーハンへの信頼を強めた。しかし、彼女は芸術や原稿の収蔵品に満足しているように思える。彼女はひとりの科学者であり、ひとりの人道主義者である。宮殿を離れ私の安全が確保されればすぐに自らの研究室へ連れて行き他の活動も見せようと彼女は言った。それがいつ実現するのか彼女は知らないし、率直に言えば、手荒な旅路を何ヶ月も脅威の下で生き延びた後であれば、静寂と癒やし、そして研究こそが最も有益である。

ナジア召喚前にその性質を理解せよ

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/12/06 01:25:49
実際のところ、私は知る限りにおいて最早レジスタンスではなく、といってエンライテンドになったわけでもない。ひとりの真理への探求者である。事実を収集し、つなぎ合わせ、疑問を挙げ、仮説を立て、検証する者である。私は情報そのものも同然である。ポータル上に奇妙なものが見えることがあるだろう。幾つかの原因はわかっている。ひとつはハンク・ジョンソンのブレッドクラムだが、原因の定かでないものはより神秘的だ。電子物質とエキゾチックマターとの接続が途切れている可能性もある。何らかの発見があればお教え願いたい。レジスタンス諸君へも伝えておきたい。我々の世界へナジアを召喚する前に、その性質を理解しておくことも有益ではないだろうか。

民間人ヤーハン

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/11/22 20:40:53
今週初めにインドの紛争地域から漏洩された文書によって、ハンク・ジョンソンが大規模銃撃戦の渦中にあったことが明らかとなった。IQテック・リサーチ社、ヴィシュラ・テクノロジー社、ヒューロン・トランスグローバル社などを含む勢力が彼の捕獲あるいは他勢力の妨害に動いたためである。

ダルサナ・ニューオーリンズの報道

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/11/21 06:04:35
今週末にオクラホマ、サントドミンゴ、バージニアビーチをサテライトに加え熾烈なエキゾチックマター・アノマリーの勃発したニューオーリンズの地において、スザンナ・モイヤーが報じた。加えて、2014.42及び2014.43のシェイパーセプターサイクルに実施される世界規模のエキゾチックマター・アノマリーに関する最新情報をもたらした。

嵐の前の静けさ

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/21 04:06:39
さて、これは嵐の前の静けさというものなのか。デブラはユェン・ニィに従うのか、あるいはヒューロン・トランスグローバル社へ従うのか、あるいは...あるいは...どうするというのか?彼女は何処へ行くのだろうか?彼女は何をしようというのか?他方でハンク・ジョンソンは沈黙を保っている。彼を責めるべきではない。動けば多方面から都市部での捜索へと発展することだろう。現地警察とおそらくはインドの諜報機関も関与するに違いない。どうやら私は話し好きではないようだ。

リチャード・ローブの考察

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/17 01:42:32
事態は性急に動いた。ハンク・ジョンソンはプネー近郊で戦火に巻き込まれたのだ。意図の不明確な複数の集団が彼を襲ったのだ。有力な情報である。幻影が死であるならば、彼は死んでいる。疑問点はブレッドクラムによって彼の残留思念はどれほどが活性化しているのかということだ。誰が如何なる目的で追っているのか、彼はわかっているのだろうか。

情報漏洩の増加について

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/16 03:05:30
これは重要なことなのだが、ポータル群に端を発する情報漏洩が増していっている。それらの情報源は私でないのだが、そのように考える者たちもいるようだ。だが、数年前に私の行った幾つかのことが漏洩につながる突破口となったのではないかと疑い始めている。