カテゴリー分類
月間アーカイブ
2004年03月19日
ギルドウォー

日本公式サイトが更新され、「ギルドウォー」の項目が追加された。

あなたの数々の冒険や決闘における武勇や名誉について大いに自慢するのもよいですが、UXOのデュエルランキングシステムを見れば、真の強者が誰なのかは一目瞭然です。

一対一の戦いであるデュエルよりも大規模な戦闘を楽しみたい方々のために、ギルド対ギルドで行う多人数での対人戦システム、ギルドウォーについて解説しましょう。

■宣戦布告
ギルドウォーを行うために特定のNPCや場所を訪れる必要はありません。ギルドリーダーか、ギルドウォーに関する権限のメンバーステータスを持ったギルドメンバーが、インターフェース内の「ギルド」の項目から「宣戦布告」を選択し、対戦ルールの詳細を設定します。ギルドウォーを始めるには、両陣営とも最低10人のギルドメンバーが必要です。


■対戦ルール
ギルドウォーは様々な設定を変更することで、毎回異なる内容の戦いを繰り広げることが可能です。

戦地−ギルドウォーの舞台となるゾーンをいくつかの候補の中から選択し決定します。他のプレイヤーやモンスターの介入を避けるため、ギルドウォーは全て専用のプライベートエリアで行われます。

参戦人数とレベル制限−勝負の公平さを保つ、またはハンディキャップとして、参戦者の最小(10人以上)/最大人数と、参戦キャラクターの最低/最高レベルの設定を行います。

レーティング−デュエルランキングと同様に、勝敗の結果は双方のギルドのギルドランキングに影響します。勝敗結果をランキングへ反映させない設定にすると、お互いランキングの変動を気にすることなく対戦を楽しむことができます。

ウェイジャー−賭けデュエルと同様に、ゴールドやアイテムを賭けて勝負することができます。戦利品は全て勝利ギルドの物となり、引き分けた場合は元の持ち主に返還されます。

勝利条件と制限時間−勝敗を決するための勝利条件と制限時間を設定します。勝利条件には下記のふたつがあります。なお、ギルドウォーでキャラクターが死亡した場合、ステータスロスは発生しません。


最多キル
勝利条件は、制限時間内に対戦ギルドのメンバーを、より多く倒すことです。昏睡となったキャラクターはHPとパワーが全開し覚醒されます。また、死亡したキャラクターはHPとパワーが半分回復した状態でゾーンのスタート地点へ戻され、すぐに戦闘を続けることができます。戦闘の残り時間とお互いのギルドの死亡回数は、戦闘に参加している全員のモニターへ常に表示されます。なお、死亡回数には回線切断などによって戦闘ゾーンから離脱したキャラクターの数も含まれます。


ラストグループ
勝利条件は、先に対戦ギルドのメンバーを全滅させることです。制限時間内に勝利条件が満たされない場合は、生存者の多いギルドが勝利となります。このモードでは、昏睡からの覚醒は可能ですが、死亡したキャラクターは、その時点で戦闘から離脱させられます(ゴーストの状態で戦況を見学することは可能)。蘇生を受け、戦闘に戻ることはできません。

■対戦ギルドの選択
対戦ルールの設定を終えると、次は対戦ギルドを選びます。対戦相手を選ぶ方法は二通りあり、ひとつめは、ギルドリストから直接検索する方法です。ギルドウォーへ宣戦布告済みで、宣戦を受理する権限のメンバーステータスを持ったギルドメンバーがオンラインで、なおかつ、最低参戦者数以上のギルドメンバーがオンラインになっているギルドを検索し、該当したギルドに対して直接メッセージを送ります。

ふたつめは、デュエルチャンネルで発言する方法です。デュエルチャンネルで発言できるのは対戦を希望しているプレイヤーだけです。スパム防止のため、発言は1分間に1回と制限されています。デュエルチャンネルで発言すると、チャットログのあなたの名前の横に、所属ギルドの略称とギルドランキングが表示され、挑戦を受けるかどうかの判断の目安となります。

ギルドランキングは単に勝敗を表示するだけでなく、デュエルランキングのレーティングシステムと同様に、ランキングで上位にいるギルドに勝利するほど、ランキングが上昇します。つまり、ランキングを上げたければ、自分たちのギルドよりも上位のギルドに挑戦すればよいのです。

対戦したいギルドへ宣戦布告すると、ルールを吟味し挑戦を受けるかどうかは、相手のギルド次第です。逆に、あなたがギルドマスターか、ギルドウォーに関する権限のメンバーステータスを持ったギルドメンバーであった場合、3分以内に宣戦を受理するかの判断を下さなければなりません。時間が過ぎると自動的にキャンセルとなります。宣戦を受理した(された)場合、開戦の準備が始まります。対戦したいギルドが挑戦を拒否した場合、対戦ルールの設定はそのままで別のギルドに宣戦布告できます。また、返答待ちの状態で別のギルドに宣戦布告すると、先に送られた挑戦はキャンセルされます。一度に二つ以上の相手へ宣戦布告することはできません。

■開戦の準備
宣戦布告が受理されると、双方のギルドで参加権利のある(必要レベルを満たしており、PvPの設定がオンで、今現在デュエル中でない)ギルドメンバーはギルドウォー開戦の準備が始まったことを知らせるメッセージを受け取ります。その内容には、対戦ギルド名とギルドランキング、勝利条件など対戦ルールの詳細も含まれます。参戦すると、ただちにプライベートエリアにテレポートされます。戦う気がない場合は拒否することもできます(参戦希望ギルドメンバー数が対戦ルールで定められた最小人数を満たしていることが条件)。

開戦の準備が5分以内に終了しない場合、挑戦は自動的にキャンセルされます。ギルドウォーへの参戦は早い者勝ちで、対戦ルールで定められた最大人数が集まった時点で、それ以外の参戦希望はキャンセルとなり、応答していないギルドメンバーには開戦の準備終了のメッセージが送られます。

ウェイジャー(賭けデュエル)をオンにしていると、双方のギルドの代表者(宣戦布告した者と受理した者)にはプライベートマップにテレポートされた時点でトレードウィンドウが表示されます。賭けの対象となるゴールドやアイテムをトレードウィンドウにドロップし、お互いがその内容を確認します。ウェイジャーがオフの場合この手順は省略されます。

ギルドウォーの舞台となるゾーンには全て、双方のギルド専用のスタート地点がひとつずつ設けられています。スタート地点でアビリティを使用し、事前にキャラクターを強化しておくことは可能ですが、開戦の合図までその場から移動することはできません。参戦者が全員スタート地点にテレポートされ、賭けの対象が承認されると、いよいよ開戦へのカウントダウンが始まります。

参戦を選択したにもかかわらずログアウトしたり、通信回線の切断によってプライベートエリアにテレポートできなかったキャラクターは、参戦者リストから除外されます。また、そうした事情から参戦者数が減り、対戦ルールで設定した最小参戦者数に満たなかった場合にはこのギルドウォーはキャンセルされます。


■勝敗の決定
対戦中どちらか一方のギルドが勝利条件を満たした時点で戦闘は終了します。レーティングの反映を選択していた場合は、双方のギルドのギルドランキングが最新の結果にアップデートされます。賭けの対象がある場合、賭けの対象品が全て入ったチェストが勝利したギルドの代表者の足元に現れます。戦闘に参戦した全てのギルドメンバーに、戦利品を得る権利があります。戦闘終了後3分が経過すると、全員が元いた場所へテレポートされ、ギルドウォーの前にしていたプレイを再開できます。

UXOにおけるギルド対ギルドの戦闘は、大規模なスケールであなたの腕を活かすチャンスであり、また対人戦に新たな興奮を与えてくれるでしょう。プライベートマップの採用で、不意に現れた部外者のプレイヤーやモンスターに邪魔をされることもなく、逆にギルドウォーとは無関係なプレイヤーを巻き込んでしまうようなこともありません。我々はついに公平な戦闘というものを実現することができました。ぜひ、ギルドウォーを体験し、その素晴らしさに触れてみてください。

投稿者 Siel Dragon : 2004年03月19日 22:54 | トラックバック
コメント

I cannot think of the present state of humanity as that in which it is destined to remain; I am absolutely unable to conceive of this as its complete and final vocation....Only in so far as I can regard this state as the means towards a better, as the transition-point to a higher and more perfect state, has it any value in my eyes. by online poker

Posted by: free online poker : 2004年12月24日 16:30
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?